発芽玄米って体に良いみたいだけど、やっぱりお米である以上「糖質」の存在が気になる。

 

糖質オフ目的で発芽玄米を食べる人もいるけど、

 

女1

本当にダイエットや糖質制限に効果があるのか・・・?

 

1つずつ検証していく必要がありますね!

 

まず結論から述べてしまうと、発芽玄米はダイエットや食後の血糖値対策として有用な食材であると言えるでしょう。

 

理由は、

  • ビタミンミネラルなどの栄養価が高くダイエット向けの食材である
  • 低GI値の食材であり、血糖値の上昇を抑える&脂肪の合成を抑制する

 

それでは順番に、発芽玄米と糖質の関係を紐解いていきたいと思います。

まず糖質を理解する

糖質や糖分、炭水化物の違いを理解していますか・・・?

 

この部分の理解を深めることが、発芽玄米と糖質を理解していく上で重要になってきます。

 

「糖質」と聞いて何をイメージするでしょうか・・・?やっぱり砂糖?

 

確かに砂糖も糖質に含まれます。砂糖は糖質に含まれ、糖質は炭水化物に含まれます。炭水化物が一番大きな「まとまり」であり、炭水化物には

  • 糖質
  • 食物繊維

 

炭水化物の中でも「糖質」は体を動かすエネルギー源として利用されます。

 

ブドウ糖として脳の栄養源となったり、筋肉中にグリコーゲンという形で蓄えられたり、我々の生命活度を継続する上で絶対に欠かせないのが糖質です。

 

しかし、余剰な糖質はインスリンホルモンが検知し、体内で脂肪へと変化させ、皮下脂肪として蓄えられることになります。

 

ですから、なるべく糖質を抑えつつ必要な栄養素はきちんと摂取する。というのがダイエットにおいては重要事項です。

発芽玄米に含まれる糖質の量

では、発芽玄米にはどの程度の糖質が含まれているでしょうか?白米、雑穀米と比較していきましょう。

 

100gあたりの糖質量は以下の通り

  • 発芽玄米:53.1g
  • 雑穀米:55.9g
  • 白米:58.9g

 

確かに、発芽玄米に含まれる糖質量は少ないことがわかります。

 

女1

でもなんか微妙じゃない・・・?あんまり変わらない気もするけど・・・

 

果たしてそうでしょうか?お茶碗1杯分のご飯は約150gですから、ご飯1杯分の糖質量としては

  • 発芽玄米:79.7g
  • 雑穀米:83.9g
  • 白米:88.4g

 

発芽玄米と白米では、実に8.7g(スティックシュガー3本分)の糖質量の差があります。

 

仮に1日3食、ご飯1杯を食べるとしたら26.1g(スティックシュガー9本分)、摂取する糖質の量に差が付きます。毎日食べるお米ですから、この差は無視できない量となります。

 

つまり、発芽玄米は白米よりも含まれる糖質が少ない。よってダイエット向きの食材である。と結論付けることができます。

発芽玄米がダイエットに良い【他の理由】

発芽玄米は糖質が少ないだけではない!その外にもダイエットに良い理由を1つずつ解説していきたいと思います!

食物繊維が豊富

100g中に含まれる食物繊維の量は以下の通りです。

  • 発芽玄米:2.9g
  • 雑穀米:0.8g
  • 白米:0.5g

発芽玄米には白米の約6倍の食物繊維が含まれています。この食物繊維は水に溶けない不溶性食物繊維なので、腸内で膨張し、便を押し出す働きも期待できます。

 

ダイエットだけでなく、お通じに悩める方にとっても嬉しいのが発芽玄米です。

栄養素

ビタミン、ミネラルが豊富に含まれています。糖質の摂取を抑えつつ、必要な栄養素はきちんと摂取するのがダイエットの基本。

 

白米を食べるよりも遥かにバリエーションに富んだ栄養素を摂取することができます。

 

中でも特筆すべきは「GABA」です。ストレス対策や睡眠の質の向上など、幅広い分野において研究がなされており、GABAを関与成分とした機能性表示食品も発売されているほどです。何かとストレスフルなダイエットライフには心強い栄養素となるでしょう。

低GI値

発芽玄米はGI値が低い食材です。GI値とは、その食材を食べた時の「血糖値の上がりやすさ」を数値化した指標です。数値が大きいほど、急激な血糖値上昇を招きやすく、GI値は以下の通りです。

  • 発芽玄米:51
  • 雑穀米:55
  • 白米:84

一般的には70以上が高GI値食品とされ、白米が該当します。血糖値の急激な上昇は、血管に負担を掛けるだけでなく「ダイエット」の視点からも著しくマイナスポイントです。

 

そして・・・思い出してください。

 

血中に存在する「余分な糖分」はインスリンの働きにより「脂肪に変化する」ということを。

 

急激な血糖値の上昇は、余分な糖分の急激な増加に他ならず、脂肪合成の反応が活発化されてしまうのです・・・。

 

ですから、一般的に「高GI値の食材」はダイエットには向いていません。食物繊維を含む発芽玄米は、比較的ゆっくりと血糖値を上昇させるので、この点は安心できます。